広島大学エネルギー超高度利用研究拠点 水素シンポジウム

「水素の地産地消とビジネスモデル」

 

 主催 広島大学エネルギー超高度利用研究拠点

 共催 日本機械学会中国四国支部

 協賛:エネルギー・資源学会、化学工学会、自動車技術会、水素エネルギー協会、

石油学会、日本エネルギー学会、日本機械学会、日本伝熱学会、日本燃焼学会、

日本流体力学会

     

日時:2018年12月19日(水) 13:00〜17:00

           (意見交換会 17:00〜18:00)

                                                              

会場:TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前 ホール7A

  JR山陽本線 広島駅 南口 徒歩2

  広島県広島市南区大須賀町13-9ベルヴュオフィス広島

  https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-hiroshima-ekimae/

 

事前参加費 5000円  意見交換会 3000円(12月15日まで)

一般参加費 7000円  意見交換会 3000円

(どなたでも参加いただけます。参加申し込みはこちらから)

 参加者にはもれなく水素関連データをまとめた水素エネルギーデータ集を進呈します。

 

プログラム

  司会:松村幸彦(広島大学)

  13:00〜13:05 

    開会挨拶 西田恵哉(広島大学エネルギー超高度利用研究拠点代表)

  13:05〜13:35 

    講演「水素エネルギーの意義と展望」 市川貴之(広島大学・教授)

  13:35〜14:05

    講演「バイオマスからの再生可能水素製造」 松村幸彦(広島大学・教授)

  14:05〜14:15

    休憩

  14:15〜14:45

    講演「水素社会に向けたPEM系電解技術の最新動向」

      熊谷直和(日立造船株式会社・執行役員)

  14:45〜15:15

    講演「太陽電池・水電解による高効率再エネ水素製造と国際流通の可能性」

 杉山正和(東京大学・教授)

  15:15〜15:45

    講演「エネルギー地産地消に向けた水素を核とした道筋」

      古山 通久(物質・材料研究機構・ユニット長/信州大学・教授

      /広島大学・客員教授)

  15:45〜17:00

    ディスカッション「地産地消の水素戦略」

 

参加申し込みはこちらから。